23October2017

Home ニュース サルマン王の訪問は、両国にとって利益をもたらす

サルマン王の訪問は、両国にとって利益をもたらす

インドネシア大学のグローバル戦略研究学校ディレクターMuhammad Luthfi Z氏は、サウジアラビアのサルマン・ビン・アブドゥルアジーズアル・サウド王の訪問は、インドネシアとサウジアラビア間の両国に利益をもたらすと語りました。サウジアラビアは現在、特に数十年来の友人であったインドネシアを、国の円滑な経済発展のためのパートナーとして求めています。サウジアラビアとインドネシアの貿易収支は約80億ドルに達しました。また、インドネシアで必要な1日あたり、34パーセントに達したサウジの石油、インドネシアのメッカ巡礼の数、サウジアラビアにおける出稼ぎ労働者の安全性は、両国に利益をもたらします。これは、土曜日(2月25日)にジャカルタで、インドネシアラジオ放送局RRIに、Muhammad Luthfi Z氏が語ったものです。3月1日から3日までのサルマン王のインドネシア訪問の計画は、政治、教育、文化、経済、宗教の両国関係の重要性を再確認します。サルマン王の訪問は、ジョコ・ウィドド大統領や様々な他の当事者を満たすために予定されています。サウジの指導者は、10人の閣僚や諸侯の数を含め、1500人の代表者が訪問する予定です。訪問の議題の一つは、サウジアラビアからインドネシアに投資計画について話をすることが期待されます。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990