23October2017

Home ニュース Jusuf Kalla副大統領はASEAN・中国の関係がCOCを続くために助長

Jusuf Kalla副大統領はASEAN・中国の関係がCOCを続くために助長

Jusuf Kalla副大統領は、現在のASEAN諸国と中国の関係は行動規範のコードの交渉を再開するために助長していると評価しました。副大統領は、木曜日に、中国とフィリピンは現在、友人であると述べました。この評価は、木曜日にバリのNusa Duaで2017年世界海洋会合で彼の演説に関連してJusuf Kalla副大統領が語りました。Jusuf Kalla副大統領は、ASEANと中国の関係は現在、南シナ海での領土紛争に関連した国際仲裁におけるフィリピンの勝利後、2016年より助長したと考えています。南シナ海での紛争地域に中国が人工島を構築する開発に関連して、Jusuf Kalla副大統領は、すべての当事者が応答する国際法に戻らなければならないと述べました。Jusuf Kalla副大統領によると、主張した国ではなくても、インドネシアは南シナ海の平和と安全を維持するために尊重し、拘束するすべての当事者に要請していきます。

 

産業大臣:2017年の経済は投資から予想される

Airlangga Hartarto産業大臣は、投資、特に産業分野での投資が2017年にインドネシアの経済を向上させる希望になると述べました。2016年の収益と経済はまだ税金恩赦の収入に依存できた後、2017年は8百兆ルピアの総投資に期待されています。Airlangga Hartarto大臣は、木曜日に北スマトラのMedanで、投資に加えて、インドネシア経済の強さは、また、購買力の強化に期待されていると強調しました。そのため、政府は、国の投資と購買力を奨励し続けています。

 

ロシアはインドネシアとの軍事関係をフォローアップする

ロシアとインドネシアの外交関係はインドネシアの独立以来、開始され、十分に昔から存在しています。この関係は経済援助と開発だけでなく、軍事力でもあります。1950年代から1960年代までにロシアは、インドネシアがアジアで最強の軍事大国となることを支援しました。水曜日の夜にジャカルタでのロシア国立軍事の日のイベントで、在インドネシアロシア大使館のロシアの駐在武官、Nikolay Nikolayukは、ロシアは世界最大の軍事力の一つであり、2016年のロシアへのインドネシア大統領の訪問のフォローアップとして、インドネシア軍事力を支援すると述べました。Nikolay Nikolayuk氏は、武器の購入に加えて、ロシアはまた、他の形態でインドネシアとの軍事協力に着手する準備ができていると付け加えました。

 

外務大臣は、Salman王の訪問は歴史的な訪問と呼ばれる

サウジアラビアのSalman bin Abdulaziz Al-Saud王は、2017年3月1日から3日までインドネシアへの国賓訪問をする予定です。Retno Marsudi外務大臣は、この訪問は経済分野での協力を高めるためであると述べました。Retno大臣は、2017年2月22日水曜日にジャカルタでの商務省の作業会議の後で、この訪問で、インドネシアとサウジアラビアが様々な協力協定に署名する予定だと説明しました。Retno大臣は、Salman王は大臣、王子、企業家からなる、1500人の代表者と一緒に来る予定だと説明しました。Salman王は、インドネシア共和国の最高名誉勲章が授与される予定です。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990