22August2017

Home ニュース インドネシア・アメリカは海洋生息地を節約することに協力する

インドネシア・アメリカは海洋生息地を節約することに協力する

インドネシアとアメリカは、インドネシア海洋生息環境の保全と持続可能な漁業資源のために、4千万アメリカドルをかけたプログラムを開始しました。在インドネシアアメリカ大使、Joseph Donovan氏は、木曜日にジャカルタの海洋水産省での協力締結イベントで、アメリカとインドネシアは、非常に重要な海洋の生物多様性を保護することを目的とした新たなプログラムを含む、海事部門での強力なパートナーシップを持ってると述べました。Joseph Donovan大使によると、このプログラムは、600万ヘクタールの生息地の管理を改善することと、15の海洋保護区を設定して、保護することと、漁業の生産性と食料と栄養の安全性を向上することと、マルク州、北マルク州、および西パプア州の13地区における持続可能な生活を構築することを目的としています。

 

成長のモメンタムを維持する、インドネシアはパキスタンとの2国間関係を強化する

国際貿易交渉局、Iman Pambagyo局長は、パキスタンに特別な注意を払っています。この発展途上国は、インドネシアにとって重要な貿易黒字をもたらしています。2国間の貿易総額も36,6パーセント跳ね上がりました。この成長を維持するために、インドネシアは2月16日から17日まで第2回インドネシア・パキスタン優先貿易協定検討会合を開催しました。Iman Pambagyo局長は、パキスタンのIslamabadへのインドネシア代表の会長を務めます。Iman Pambagyo局長は、水曜日にIslamabadで、この3年間に、2国間の貿易総額は、2013年の16億アメリカドルから2105年の22億アメリカドルへと36,6パーセント増加したことなら、パキスタンはインドネシアにとって重要なパートナーであり、特別に注意を払うことが必要であると述べました。そのため、この第2回の協定検討会合は、成長のモメンタムを維持することを目的としています。

 

内務大臣:市民の熱心が増加したので、投票用紙がなくなった

Tjahjo Kumolo内務大臣は、いくつかの投票所で投票用紙が足りないことは、彼らの電子IDカードをまだ報告していない人々が多いだと述べました。これは、2017年2月16日木曜日にジャカルタの国家宮殿でJoko Widodo大統領と会合した後、Tjahjo大臣が語りました。Tjahjo Kumolo大臣は、このまだ記録していない市民は投票することの熱心が高いので、最終的に投票所が対応することに不十分だったと付け加えました。ジャカルタの選挙管理委員会は、投票用紙の約2,5%を追加しました。以前、選挙管理委員会はまた、2017年の地方選挙での投票プロセスに資本の多くの苦情の住民への応答を話しました。インドネシアの選挙管理委員会のコミッショナー、Hadar Nafis Gumay氏は、投票用紙は、最後の時間の投票期間での投票権を使用する人々の流入が上がったことで引き起こしたと述べました。

 

農業省は、唐辛子を植える運動を決定する

地域で唐辛子の消費量を満たすことと唐辛子の供給を支援するために、農業省は、唐辛子を植える運動を開始しました。この手段は、供給と物価の安定を維持するだけでなく、唐辛子の農民の収入を増加することができると期待されます。インドネシアの農業省のJustan Ridwan Siahaan監察官は、2017年2月16日木曜日に、持続可能な家庭食品地域のグループによって実行している唐辛子を植える運動の概念は、庭の利用率を最適化すると述べました。彼は、これらのプログラムを市場で唐辛子の価格を減少させることができ、インドネシアは唐辛子を自給自足することができて、他の国から輸入する必要がないと期待されています。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990