23September2017

Home ニュース 海洋観光は40億アメリカドルを寄与する

海洋観光は40億アメリカドルを寄与する

観光部門は2019年に40億アメリカドルを寄与することができると期待されています。これは、火曜日にジャカルタの海洋水産省の事務所で海洋水産省と観光省の間で海洋観光業の発展におけるの協力の締結のときにArief Yahya観光大臣が語りました。彼は、全体的に海洋観光により獲得された外資に対する海洋観光の寄与であるとのべました。現在、海洋観光は年間で100億アメリカドルに達する国の観光業における外資獲得の約10%にしか寄与していません。このように、海洋観光の寄与はたった10億アメリカドルです。Arif Yahya大臣は、このサブセクターでの問題は、規制、人材、と安全保障より重視されるアプローチに苦慮していると述べました。

 

インドネシアの輸出金融庁は今年、輸出の指向中小企業の融資に焦点を当てる

インドネシアの輸出金融庁は、今年、競争力のある商品だけではなく、輸出志向型中小企業の工業製品におけるインドネシアの輸出実績の発展を奨励します。インドネシアの輸出金融庁の事務局長実行員、Susiwijono Moegiarso氏は、火曜日にジャカルタで、中小産業を奨励することに焦点を当てることのほかに、インドネシアの輸出金融庁も非伝統的な市場への輸出の開発を奨励し、国有企業と一緒に政府からの特別な割り当てを行うと述べました。彼は、今年、資金源としてルピアで14兆ルピアの証券を発行します。

 

国民協議会の会長は、パプアでの衡平な開発をサポートする

国民協議会のZulkifli Hasan会長は、パプアの人々がパプアの出身から恥ずかしがらないように要請しました。彼は西パプアの子どもたちが一生懸命仕事をする限り、彼らの目標を達成することができると信じています。この要求は、火曜日に西パプアのSorongで、インドネシア国民協議会の4つの柱の社会化でZulkifli Hasan会長が語りました。Sorongの後に、Zulkifli Hasan会長は、ManokwariのMuhammadiyah教師と教育専門学校で4つの柱の社会化をするため、Manokwariにアジェンダを続けています。Zulkifli Hasan会長は、パンチャシラの緊急実装の一つは、すべてのインドネシアの人々のための社会正義だと述べました。そのため、彼は完全にパプアと西パプアのための公平な開発をサポートしています。

 

過激派は特定のイデオロギーに関係ない

元憲法裁判所の会長、Mahfud MD氏は、インドネシアで過激派が現れることは国家原則としてパンチャシラーを置き換えるために、特定のイデオロギーに関連していないと述べました。これは、2月4日土曜日にジョクジャカルタのBantulで「多様性とパンチャシラでの団結の精神は、インドネシアの整合性を維持する」のテーマにしたセミナーでMahfud MD氏が語りました。Mahfud氏によると、常に特定の宗教の教義に関連付けられているため、過激派について社会で不当表示がありました。セミナーに出席した何百人の前で、Mahfud氏は、経済と社会的な不平等、不公平、インドネシアの法執行の欠如の持続性に起因するラジカル運動が実現すると見なされています。そのため、この問題を解決するために、Mahfud氏は、法執行機関は、社会全体に正義感を達成するために行われる必要があります。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990