18December2017

Home 特集 Kora-Koraというマルク州の伝統的なボート

Kora-Koraというマルク州の伝統的なボート

パソナインドネシアの時間です。今日は、Kora-Koraというマルク州の伝統的なボートをご紹介します。この放送は、短波放送だけでなく、www.voi.co.id.を経由して、聞くことができます。

北マルク州のテルナテでは、2017年12月1日から 3日までKora-Koraフェスティバルを開催します。テルナテ市政府の年次議題になったフェスティバルは、ランドマーク地区のテルナテビーチに集中しています。テルナテ島の観光の可能性を促進することに加えて、Kora-Koraフェスティバルはまた、テルナテの伝統的なボートとしてKora-Koraボートを維持するために開催されています。また、テナーテの人々の海上精神を復活させることも目的としています。この祭りの開会式は、様々なテルナテの伝統芸術によって盛り上げられます。様々な海洋活動はまた、観賞艇のパレード、Kora-Koraボート競技大会、ヨットレース、水中写真競技などが祭りの期間中に行われます。

Kora-Koraボートの保存は、フェスティバルの主な目的の一つになります。Kora-Kora は、Belangとも呼ばれています。Kora-Kora は、アウトリガーと3本マストを持つ大きなボートの一種であり、オールと帆で操縦します。Kora-Koraボートは、90%がゴファサの木から作られ、10%がマルファラの木材を使用しています。この木材の種類は、Maluku、Sulawesi、Papuaの森林で生育します。現在のKora-Koraボートの長さは8.5メートル、幅1メートル、高さは0.8メートルです。Kora-Koraの漕ぎ手の数は、約30〜40人、操舵手1人で構成されています。

ボートを作るテルナテの人々にとって、Kora-Koraボートは、独自の歴史的価値を持っています。Kora-Koraボートの製作は、1200年に、ポルトガルの植民地時代から始まりました。当時、ポルトガル人は、Malukuで豊富なスパイスを支配するつもりでした。したがって、中国の龍の船のような形をした海の艦隊として大きなKora-Koraボートが作られました。ポルトガル、スペイン、オランダとの戦いに加えて、Kora-Koraボートは、島間貿易に使われるボートとしても作られています。現在、Kora-Koraボートは、国内外の観光客のための観光の一部として儀式や漕ぎレースフェスティバルに使用されています。

観光客のための観光名所であることに加えて、Kora-Koraボートレースは、テルナテ帝国が帝国軍に募集する若者の能力をテストする方法の一つとなりました。Kora-Koraボートレースは、各チーム、14人で構成されています。2人は、漕ぎ手、1人は、ステアリング、1人は、Tibaというドラムを叩(たた)く人です。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990