19November2017

Home 特集 Entas-Entas Tenggerの文化

Entas-Entas Tenggerの文化

パソナインドネシアの時間です。今日は、Entas-Entas Tenggerの文化をご紹介します。

Entas-Entas Tengger と Mecak Tenggerの文化は、教育文化大臣、Muhadjir Effendyによって署名された証明書に記載されているように、インドネシアの無形文化遺産に指定されました。証明書は、10月、東ジャワ州スラバヤのGrahadi で、青年宣誓の日の記念式典の前に、プロボリンゴのTimbul Prihanjoko副県庁に東ジャワ州知事、Soekarwoが提出しました。Timbul副 県庁によると、人々が国家の文化を維持し、保存する必要があるように、インドネシアの無形文化遺産としてEntas-Entas Tengger と Mecak Tenggerは、Tengger祖先から継承した崇高な文化的価値があるということです。

Entas-Entas Tenggerは、特にPoncokusumoの Tengger Nadas村で行われる死の儀式です。このEntas-Entasの伝統は、巨石期の文化に関係しています。 Entas-Entasは、死者の世界でより良い場所を得るために、亡くなった祖先の地位を上げ敬うイメージとして解釈されます。言い換えれば、儀式は、亡くなった祖先の精神を浄化することです。  Entas-Entas Tenggerの儀式は、人体の構成要素を復元するという意味を持っています。これらの要素は、土、木、水、熱です。

土は、意味を持っています。すべての死んだ人は、地面に埋葬されます。木は、墓石として植えた木を使って死者の眠る(ねむる)場所を示します。その後、死者が浴びるために使われた水があります。言い換えれば、同時に、水の神であるバルナ神への敬意を表します。最後に熱があります。この要素を復活させる方法の一つが、焼くことです。 このEntas-entasの一連の行事は、3ヶ月の長い時間がかかります。通常、死後、1000日目または少なくとも44日目に行われます。

Entas-Entas Tenggerの儀式の実施で、死者は、人形の形で戻ってきました。この人形は、ペトラの人形と呼ばれ、長老に浄化(じょうか)された葉と花から作られました。以前は、関係する家族によってKulakや米が入れられる竹の容器が作られました。Kulakは、故人(こじん)の象徴(しょうちょう)です。その後、家族は、敷き(しき)つめるための長い布を準備し始め、家族や親戚(しんせき)は、ペトラの人形を燃(も)やすために下に集まります。この方法は、熱を復活(ふっかつ)させると考えられています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990