19November2017

Home 特集 中部ジャワ州のNasi Penggelの料理

中部ジャワ州のNasi Penggelの料理

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のNasi Penggelの料理を紹介します。

Kebumenは、中部ジャワ州の地区の一つです。観光について言えば、ケブムンには、様々な素晴らしい自然観光地、特にビーチ観光があります。Kebumenは、ビーチパラダイスのひとつです。 ジャワの南部に位置するKebumenは、ジャワの南海岸の典型的なエキゾチックなビーチの景色を持つ南海の美しさを示します。Kebumenには、少なくとも9つの美しいビーチがあります。 Kebumenの美しいビーチを訪れるのに疲れたら、Kebumenの様々な典型的な料理の楽しみを試してみる時間です。その一つは、Nasi Penggelです。

Penggelの名前は、丸いを意味しているジャワの言語から取りました。名前が示すように、提供される米は、確かに丸いです。この料理を買う誰もが、バスケットに丸いご飯を自分で取ります。卓球のボールの大きさの丸いご飯は、バナナの葉に置かれます。通常誰もが、8〜15球の米を取ります。丸いNasi Penggelは、層状にバスケットに置かれました。各層は、バナナの葉で分離されます。ライスは、スープやおかずを伴います。スープは、ココナッツミルクで煮たgoriという若いジャックフルーツ、キャッサバの葉、テンペ、豆腐、メリンギョから作られます。スパイスは、滑らかになるまで粉砕(ふんさい)されたチリカール、カイエンペッパー、タマネギ、ニンニク、豆を使用します。

Nasi Penggelは、通常、野菜や心臓、腎臓、肺などの牛肉の内臓を伴います。Nasi Penggelは、テンペ・メンドアンと一緒に楽しめます。テンペ・メンドアンのサイズは、かなり大きく、厚いです。食べると、ジャックフルーツスープは、風味豊かでスパイシーさが感じられました。スープだけでなく、Penggelの丸いご飯は、おいしいです。なぜなら、売り手は、通常、‘lengo gurih’というココナッツオイルを手に塗りつけ、ご飯を丸めるからです。

Nasi Penggel は、Kebumenの典型多岐な料理であり、朝のみに食べるため、通常、朝食メニューとして楽しんでいます。Nasi Penggelの売り手は、午前5時30分から午前8時まで販売しています。この料理は、Mertokondo 市場とKebumen の広場などのKebumen全体で楽しむことができます。しかし、Nasi Penggelのオリジナルの味を楽しんでみたい人ために、Pejagoan区のKarangpoh村やGunungsari村で楽しむことができます。価格は、一食あたり15.000ルピアです。テンペと暖かい甘いお茶は、2.000ルピアです。牛肉(ぎゅうにく)の内臓は、一つ8.000ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990