20October2017

Home 特集 中部ジャワ州のジェパラにあるKAMPOENG SEMBADA UKIRという観光村

中部ジャワ州のジェパラにあるKAMPOENG SEMBADA UKIRという観光村

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のジェパラにあるKAMPOENG SEMBADA UKIRという観光村をご紹介します。

ジェパラは、中部ジャワ州の地区の一つです。 この地区は、家具の彫刻で有名です。 彫刻の美しさは、国内外に知られています。 この地区に行ってジェパラの彫刻センターを訪れて、ジェパラの家具彫刻の美しさを見ないと完全ではありません。 訪れることができる彫刻センターの一つは、Petekeyan 観光村です。 Petekeyan村へは、簡単にアクセスできます。 ジェパラ市から、Kedung 区へドライブか、Pecangaan区を経由することもできます。 ジェパラ市からは、陸路で約15分かかります。

Petekeyan は、観光村として、また彫刻を学びたい観光客のお勧めの場として認められています。 2000年に、Petekeyan村は取り残された村でした。 彫刻にふさわしい観光村の形成には、2000年の貧困撲滅プログラムを利用する鋭敏さから離すことはできません。2005年に、村は、社会活性化プログラム(貧困と失業対策)を得ました。そして2015年に、この村は、地域社会に根ざした環境管理プログラムのトップ8に入りました。 この村は、彫刻ブランディングで観光村の一つに選ばれました。 家具を彫刻する能力は、代々、受け継がれたものです。 村の、ほぼ、すべての家で 家具を売っているのも不思議ではありません。Petekeyan村の家具彫刻は、すでにインドネシア各地で販売されています。 生産された製品は、完成品または半製品です。

Petekeyan観光村に入ると、Kampoeng Sembada Ukir 観光村の入り口で、"ようこそ"の書き込みで歓迎されます。この村を回ると、村人が作った様々な種類の家具をより近くで見ることができます。 生産された彫刻製品は一般に、家具です。 価格は、それほど高くなく、家具の大きさと彫刻されたモチーフの難しさによります。

木製品の展示に加えて、ジェパラの女性たちが、木のモチーフを巧みに彫刻している様子を見ることもできます。 興味深いことに、この村の彫刻の職人は、ほとんどが女性です。 3,800人いる職人のうち60%以上は、主婦です。 Petekeyanの村の女性たちは、チークやマホガニーの厚板に彫刻をするのに熟練しています。 この村では、村の彫刻センターで彫刻を学ぶことができます。 Petekeyan 村では、村民のほぼ90%が、家具事業を行っているため、彫刻を学ぶ機会がないことを心配しないでください。 どこの家でも彫刻をする人と、ともに作品が飾ってあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990