20October2017

Home 特集 ジョクジャカルタ特別州のGumbregan伝統

ジョクジャカルタ特別州のGumbregan伝統

パソナインドネシアの時間です。今日は、ジョクジャカルタ特別州のGumbregan伝統をご紹介します。

インドネシア人の大多数は、農民として働いています。インドネシアの農家にとって、家畜は、農業の仕事に役立つ普通の動物ではない、特別なものです。家畜は、農家が田んぼを栽培する助けになります。また、家畜の排泄物は、肥料になります。特に近代的な交通手段がまだ利用できなかったとき、農産物は家畜とともに輸送されていました。農家はまた、家畜が大きければ、それだけ高価になるので、毎日家畜の飼育を通じて、家畜が将来的な貯蓄になるよう願っています。

農民の生活の中において家畜の役割は、とても大きいです。農民はまた、彼らの家畜が健康で増え続けることを常に望んでいます。そのため、彼らは、グラムベガンという伝統を重んじ、神様が、農場で動物に命と栄養を与えてくれたことに感謝しています。代々続いている伝統は、ジョグジャカルタ特別州のGunungkidul地区Wonosari区にあるKarangrejek 村やPadukuhan Blimbingの村人が行っています。この伝統は、Sura またはMuharam月に行われます。その月は、ジャワの人々によって神聖と考えられ、通常、1年に1回行われます。

Gumbregan伝統は、共通の祈りから始まります。そして、ketela 、kimpul、kupat、kolang pisang、jadah、trembiliなどの伝統的な料理を提供します。また、among–amongという先の尖った形のバナナの葉に包まれた白米もあり、少量のおかずが付きます。祈りの後、イベントは、家畜小屋で続けられます。祈りの行列に含まれている透明な水は、家畜の頭にかけられます。忘れてはならないのは、収入を得られる事に感謝して、家畜に直接与える食品もあります。一般的に食べ物を与えられる家畜は、市民に非常に役立つ 牛とヤギです。

祈りに含まれていた様々なkupatはまた、家畜小屋に運ばれます。このkupatは、家畜小屋の天井に置かれます。家畜に餌を与えた後、通常、みんなで一緒に食事をします。Gumbregan伝統の合間に、住民はまた、地元のスタジオからの伝統的なダンスや、子供の芸術公演を楽しみます。一方、夜は、普通、wayang kulit人形を公演します。 Gumbregan伝統は通常、市民と農民が畑から帰ってくる、午後または午後遅くに開催されます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、また、お会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990