23September2017

Home 特集 中部ジャワ州のBUBUR SUP AYAM(チキンスープお粥)

中部ジャワ州のBUBUR SUP AYAM(チキンスープお粥)

ペソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のBUBUR SUP AYAM(チキンスープお粥)をご紹介します。

Bubur Ayam(チキンスープお粥)は、インドネシアで非常に人気があり、それぞれの特徴を持つ様々な都市で簡単に見つけられる料理の一つです。お粥は、多量の水で米を炊いているので、柔らかくてジューシーです。一般的に、鶏のお粥は、チキンスープ、醤油、コショウ、塩、などいくつかのスパイスで調理され、チキンスライスが添えられています。お粥にはまた、刻んだニラ、揚げたタマネギ、セロリ、トンカイ(塩辛い野菜)、揚げ大豆、カクウェ、クルプックが備えられています。チレボンの人々は、一般的な鶏のお粥とは違い、Bubur  Ayam Sopという独自の味の鶏のお粥を食べます。その違いの理由は、粥に混ぜたチキンスープにあります。

一見すると、Bubur Ayam Sopは、鶏のお粥に似ています。違いはスープのようなつゆがたくさんあることです。また、キャベツとsounという麺が入ります。それは、簡単にできる水っぽいお粥ではありません。お粥には、既に十分なスープがあるので、 意図的に多すぎない水とお米の割合で作られるます。Bubur Ayam Sopのボウルには、お粥、細切り鶏肉、肝臓や砂嚢、薄切りキャベツ、麺、トマトを入れます。また、砕いたオレンジ、クルプック、スライスしたニラ、セロリの葉、揚げたナッツ、揚げたシャロットを振りかけます。最後的に、ホットチキンスープが、お粥のボウルに注がれます。Bubur Sop Ayamを楽しむ準備ができました。

揚げた玉ねぎとスープの香りは、お粥を攪拌するときに香ります。食べると、スープのつゆがとてもおいしいです。しかし、通常の鶏のお粥の黄色つゆのように塩辛くありません。それは、旨味があり、少しスパイシーです。スパイシーな味はコショウによるものです。このお粥のレシピの一つでは、自分で粉砕したコショウを使っています。おいしいスープと混ぜるとスパイシーなコショウは、あなたの食欲をそそります。

Bubur Sop Ayamは、胃の中を暖かくし、噛(か)むのが簡単なので、風邪の時、体を温めるのに適しています。このお粥は、通常、朝食メニューとして食べられます。また、体を温めるので夜にも楽しむことができます。Bubur Sop ayamの商人は、チレボン市の様々な場所で簡単に見つかります。その一つは、チレボン市の広場です。Bubur Sop ayamを販売することに加えて、商人は通常、ヤギサテ、鶏サテ、かき氷などの他の料理も売ります。かなり手頃な価格で、一食当たり15.000ルピアです。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990