23September2017

Home 特集 東ヌサトゥンガラ州のNdundu Ndakeダンス

東ヌサトゥンガラ州のNdundu Ndakeダンス

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のNdundu Ndakeダンスをご紹介します。

インドネシア共和国独立記念72周年が、東ヌサトゥンガラ州のマンガガイ地区で盛大に行われました。数千人のダンサーは、8月17日(木曜日)に、Motang Rua Ruteng広場で旗祭式典の後、Ndundu Ndakeのダンスを踊りました。ゴングとドラムの音に伴う動きの均一性は、マンガガイ地区の首都Ruteng市中心部にある広場で、このダンスを見物する数千人の観客を陶酔させました。この大規模なダンスには、中学校、高等学校、職業高等学校などのLangke Rembong区の40の学校が参加しています。興味深いことに、数千人のダンサーは、17、8、72の数字に従い決められた位置に立っています。

マンガガイの言語で、 "Ndundu"は、特にチバール区の特別な女性の呼び名を意味します。女性の優しい挨拶は " Ndu"です。"Ndake"は、自由に踊るを意味します。"Ndundu Ndake"は、マンガガイの女性の典型的なダンスを意味します。"Ndundu Ndake"はまた、男性に抱(だ)きしめられながら踊るダンスに誘われる女性を意味します。このダンスは、マンガガイの人々の精神と独立性を示しており、リズムはドラムを叩く音によって調整されます。

Ndundu Ndakeダンスは、女性と男性が踊ります。女性のダンサーは、インドネシアのケバヤ、スカーフ、そしてバリベロのヘッドバンド、Songkeのモチーフのスカーフ、Mberoマンガライ典型的な服と組み合わせ、Songkeマンガライの典型的なイカット織(お)りのサロン(手袋)をはめます。男性のダンサーは、Songkeサロンを着ます。男性は、勇気と愛を象徴する赤いハンカチを身につける必要があります。男性のダンサーは、頭に Destarというスイープを着用します。このダンスは通常、結婚式やCongko Lokapという伝統的な家の清掃の儀式、村の感謝祭、Pentiの伝統的な儀式、収穫後の祝賀パーティー、新年のパーティーの時に、踊ります。

マンガライ地区政府は、学校でのローカルコンテンツの教えとして伝統舞踊Ndundu Ndakeを維持し続けるために努力しています。Ndundu Ndakeダンスは、Muriの2つの記録を達成しました。 例えば、2011年に、2011人に達する Ndundu Ndakeダンスの参加者数の記録、2011枚に達するsongkeスカーフを着用したダンスです。2017年、Tour de Floresの参加者を歓迎するために、1500人の参加者によって約1時間行われるNdundu Ndakeダンスは、世界インドネシア功績研究所賞を受賞しました。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。     

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990