19November2017

Home 特集 Bangka Belitung州のPELITEケーキ

Bangka Belitung州のPELITEケーキ

ペソナインドネシア の時間です。今日は、Bangka Belitung州のPELITEケーキをご紹介します。

Muntokは、西バンカ地区の首都である西バンカ地区のサブ区にあります。Muntok市は、インドネシアのヘリテージシティの一つとして指定されています。都市は、オランダの植民地遺跡の壮大な古い建物、個性的で美しいマレー高床式の家、中国スタイルの建物が立ち並んでいます。歴史的な都市として知られていることに加えて、Muntokはまた、「サウザンドケーキ」の都市と名づけられました。例えば、PELITEケーキ、ブルダー、ゴマグ、レンパー、ジョンコンなどです。今回は、ペライトケーキというMuntokの典型的なケーキをご紹介します。PELITEケーキは、白く、上が開いたパンダンの葉やバナナの葉に包まれています。一部の人々には、Kue pelite daunと呼ばれます。バナナの葉やパンダンの葉の一部が、開いている場合、ケーキの底は、ランプの芯のように見えます。他の人は、カヌーのように見えるので、カヌーケーキと呼ばれます。PELITEケーキは、米粉)、ココナッツミルク、白砂糖で作られ、Takirというパンダンの葉やバナナの葉を容器にします。作り方は、すべての材料を生地になるように加工し、その後、パンダンの葉やバナナの容器で蒸します。

調理した後、バナナの葉やパンダンの葉からは、とても良いにおいがします。ケーキの食感(しょっかん)は、とても柔らかいです。そして、甘いです。通常、Muntokの人々は、午前と午後に、紅茶やコーヒーとPeliteケーキを楽しみます。 Muntokでこのケーキを見つけるのは難しいことではありません。PELITEケーキは、1,500ルピアほどの、比較的安い価格で販売されています。 Muntokを訪れ、このケーキを楽しみたい場合は、売り切れる前の午前中に購入することをお勧めします。

PELITEケーキは、1949年に、Mohammad Hatta, Haji Agus Salim,  Mohammad Roemと一緒にインドネシア共和国の初代大統領が、西バンカのMuntokに追放された時、ブン・カルノ大統領のお気に入りのケーキになりました。当時、インドネシアの独立後の闘争が行われ、彼は、依然として追放中でした。この甘いケーキは、毎朝または午後に紅茶やコーヒーを飲みながら楽しむ、ブンカルノ大統領の軽食(けいしょく)となりました。ブンカルノ大統領は、Tanjung Kalianビーチで散歩するMuntokの人々を誘(さそ)うとき、このケーキを運ばなければなりません。これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、また。お会いしましょう

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990