19November2017

Home 特集 東ヌサトゥンガラ州のUMBIRO儀式

東ヌサトゥンガラ州のUMBIRO儀式

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のUMBIRO儀式をご紹介します。

東マンガライの人々は、米を母なる大地のように非常に感謝し、尊重します。東マンガライの人々の90%は、農家として働き、彼らは、自然と一体に住んでいます。様々な種類の植物を植えることに関連するすべてのものは、常に自然と創造主の神を称える伝統的な儀式で始まります。従って、東マンガライの人々が、農業に関連した様々な伝統的な儀式を行うのも、不思議ではありません。例えば、鶏の血液を使用するWeri Mata Nii(イネ種子のおかげで)儀式、伝統的な祝福を受けてきたPasok Mata Niiという米とトウモロコシの種を植える儀式、Raut Kalangという稲の間の草を刈る儀式、米ができ始めたとき、田んぼの端で行われるUmbiro儀式です。。

Umbiro儀式は、特にMbengan村、Ranakolong村、Gunung村、Gunung Baru村、22の他の村で東マンガライの農民によって常に、行われています。Umbiro儀式は、米の粒が長く、穀物が豊富に実のるように、神へお祈りをする儀式です。地元の言語で、Umbiは、引きを意味します。Roは、森の中で成長し広がるロープの名前です。儀式は、綱引きのようです。ユニークなことに、Umbiro儀式は、女性が、songkeという地元の伝統的な服、ショール、destarというヘッドギアを使用する男性と対抗します。儀式のときに、米に関連した曲を伴奏します。田んぼの端でUmbiro儀式を行う前、最初に、自然、祖先、神へ、鶏、豚、ヤギ、などの供物をお供えします。

Umbiro儀式は、豊富な収穫をもたらし、亡霊から稲を守るために、自然、祖先、神へ願う儀式です。この儀式は、古代、自然は、常に人間の近くにあり、すべてのものは、自然に関連すると考えられ、東マンガライの祖先が作りました。この伝統は、近代的な農業技術が利用される時まで、次の世代に受け継がれました。これまで、地元の人々は、米が実り始める、 3月に、田んぼの端でUmbiro儀式を行いました。

これまで、Umbiro儀式のような米とトウモロコシに関連する儀式は、地元の小学校で生徒と教師によって考えられた踊りで表現されてきました。彼らは、東マンガライの地元の知恵を維持するために活動し続けています。Umbiro儀式は、最近、“Tour De Flores” 「ツール・ド・フローレス」の国際自転車レースのガラディナーのとき、東マンガライの人々によって行われました。 その時、30人の小学生が、Muara BorongビーチでUmbiroダンスを披露しました。

、これで、ペソナインドネシアを終わります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990