南バンカ地区のBuang Jung伝統

ペソナインドネシアの時間です。今日は、南バンカ地区のBuang Jung伝統をご紹介します。

7月27日から30日まで、南バンカ地区は、Toboali City On Fire (TCOF)文化祭を開催しました。今年の外国人観光客や国内観光客のために魅力ある観光地を促進するために開催された祭りは、「民族と文化の多様性」をテーマにします。約16のイベントは、Toboali City On Fire (TCOF)文化祭を盛り上げるために開催されました。イベントは、南バンカ地区のトボアリにあるLapangan Laut Nek Ajiで行われました。促進及び保存したい地域の文化をテーマにしたいくつかのイベントがあります。その一つは、一週間開催されるBuang Jung伝統的な儀式です。

Buang Jung伝統的な儀式は、南バンカ地区のLempar Pongok区にあるKumbung村のSawang族の伝統的な儀式です。地元の言語で、Jungは、小さなボートを意味しています。そのため、Buang Jung伝統的な儀式は、海に小さなボートを取り除くことによって行われることを意味します。通常、海に浮いているオブジェクトは、黒いの羽の鶏などを備えた小型のボートです。伝統的な儀式は、海を休めるために努力で行われます。それは、始まってから、一週間は、海で行われる活動があってはならないことを意味します。一週間は、漁師は、魚を捕まえ、釣り、海洋生物を殺すことを許されません。その一週間以内は、観光客は、シュノーケリングやダイビングが禁止されています。この伝統的な儀式はまた、人々はセーリングの災害を避け、保護と安全をお願いします。

Buang Jung伝統的な儀式は、創造主の擬人またはメディアリエゾンの形態として、小型ボートや船を作ることから始まります。儀式は、夜21時頃、始まります。年長者や先住民は、イベントの開口部のシンボルとしてスペルを読んだ後、ミニチュアボートの周りにいる間、歌うと魔法の力を持つと考えられている詩を暗唱します。彼らは、サワン族の伝統的な楽器を伴って、歌います。このイベントは、ちょうど夜明け前に終了します。

Buang Jung儀式のイベントのピークは、Mudongビーチへ小型ボートを運ぶ車の行列で始まります。場所に到着すると、伝統ある長老や部族のシャーマンは、儀式を行い、海に船を解放をするためのいくつかの呪文を読みます。その後、ドラム楽器に伴奏された地元の若者たちによるサワン族の伝統舞踊が行われます。そして、ボートは、儀式のすべての参加者が歌い、ボートを囲む儀式を行った後、海にパレードします。

これで、ペソナインドネシアを終わります

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.