24August2017

Home 特集 南スラウェシ州のNASU PALEKKO

南スラウェシ州のNASU PALEKKO

ペソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州のNASU PALEKKOをご紹介します。

南スラウェシ州の首都マカッサルは、Losariビーチのようなビーチ観光地だけでなく、また様々な独特な料理で有名です。マカッサルの料理は、インドネシアの他の都市の料理とは違う独特な特徴を持っています。一般的に、マカッサルの典型的な料理は魚を使います、なぜならこの都市は、海の近くに位置しているからです。皆さんはPallumaraやPallce’laの料理を食べてみることが出来ます。そして、興味深いことに、この都市ではどこでも、Coto, Konro、焼き魚、焼きめしなど、なににでも料理にライムを使わないと完全ではありません。したがって、マカッサルの様々なレストランで、ライムは必ず用意されています。

マカッサル市のレストランでは、ライムを提供することに加え、サンバルも提供します。マカッサルの人々は、辛い食べ物愛好家として知られています。常にサンバルと食べるだけでなく、多くのマカッサル料理は、Nasu Palekkoのようなスパイシーな風味があります。この料理は、Sidrap地区の独特な料理です。地元の先住民であるブギスの言語で、Nasuは、料理を意味しPalekkoは、鍋を意味しています。この料理の主材料は、カモ肉です。それは、肉が柔らかく処理に長い時間がかからないように、若いカモ肉が必要です。しかし、カモ肉が見つけにくい場合、人々は、鶏肉を使用します。

主材料のカモ肉に加えて、Nasu Palekkoには様々なスパイスが必要です。それは、唐辛子、赤タマネギ、ニンニク、生姜、レモングラス、塩などのスパイスと、酢です。通常、使用される酢は、若いマンゴーから作られている酢です。酢、ニンニクとライムは、通常、肉の生臭を消すために使用されます。そして、スパイスは、細かく砕かれ、調理されます。スパイスが香ってきたら、切った肉を加え、火が通るまで混ぜ合わせ供されます。

Nasu Palekkoは、スパイシーな風味です。スパイシーな味は、眠い人の目を覚まさせます。Nasu Palekkoは、通常、一人前は、ボウルで提供され、長方形のLontong やBurasと一緒に出されます。料理は、一人前15,000ルピアや10,000ルピアで販売されます。一方、Burasは、バンドルあたり1000ルピアです。Sidrap地区に以外にも、Nasu Palekkoは、マカッサル市のPangkajene地区とWajo地区のマカッサル市のレストランにもあります。

これで、ペソナインドネシアを終わります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990