11December2017

Home 特集 中部ジャワ州のKANDRI観光村

中部ジャワ州のKANDRI観光村

ペソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のKANDRI観光村をご紹介します。

スマラン市政府は、国際的な観光地として、スマランのGunungpati地域のKandri 観光村を準備しています。後に、Kandri 観光村では、355の客室を持つ200のホームステイを提供するでしょう。そして、観光地への経路、清潔な水の供給、芸術のための舞台などの全てのインフラが、用意されるでしょう。実際に、Kandri村は、独特の特性と、まだ先祖の伝統と文化を持っているので、観光の村として決定されました。また、この村は、自然があり、したがって、多くの観光客が、Kandri観光村への旅行に魅力を感じるのも不思議ではありません。

Kandri村は、中部ジャワ州の首都スマラン市の西端にあるGunung Pati区に位置しています。ウンガラン山の近くの高地に位置しているので、この村は涼しいです。車でアクセスした場合、スマランからKandriの観光村へは、約30〜45分かかります。この村は、大半が農家で約3.797人の住民がいます。また、Kandri村では、バティック工芸品、刺繍工芸品、ウナギの養殖などがあります。

Kandri村を旅する観光客は、アクティビティを選ぶことができます。この村は、4つの地域と26の自治体に分割(ぶんかつ)されています。その4つの地域は、それぞれの特性を有しています。例えば、第1の地域では、米、キャッサバ、パパイヤを植え、世話をする農業教育に、参加することができます。また、収穫の季節ならば、収穫に参加することができます。第2地域では、アウトバウンド活動を行うことができます。第3地域は、ダンス芸術センターとKreo洞窟の観光地があります。第4地域では、特に加工されたキャッサバ、農産物の様々な料理を楽しむことができます。観光客は、GetukとTiwulのお菓子を見たり、作ったりすることができます。したがって、Kandri村を旅する場合、観光客は、見たり、植えたり、世話をしたり、収穫したりする活動に参加し、様々な料理を作ることもできます。

地元住民と一緒に活動することに加えて、観光客はまた、Kreo洞窟とJatibarang貯水池(ちょすいち)などのKandri村の観光スポットを訪れることができます。Kreo洞窟は、Sunan Kalijagaによって建てられたDemakモスクの建設のプロセスの歴史と密接に関連した観光地です。一方、Jatibarang貯水池は、この村の観光の可能性を強化するために建設された人工の貯水池(ちょすいち)です。Kandri村でのアクティビティを楽しむには、1日では時間がたりないので、住民の家にホームステイして、Kandri観光村に滞在することができます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990