21July2017

Home 特集 東ヌサトゥンガラ州のKatagaダンス

東ヌサトゥンガラ州のKatagaダンス

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のKatagaダンスをご紹介します。

7月6日に、東ヌサトゥンガラ州のSumba Tengah 地区Waibakul市で1001の馬のSandelwoodパレードが行われました。パレードは、Katagaダンス公演で行われます。ダンスは、Sumba Tengah  地区の首都Waibakul市の学校から、中学生の男女の生徒からなる100人以上のダンサーによって行われました。Katagaダンスはよく、特に西スンバ島の、東ヌサ・トゥンガラ州で知られている伝統舞踊の一つです。ダンスは、通常、様々な儀式、お客様の歓迎、文化公演 で 披露されます。

Katagaダンスは、スンバ島の伝統的な衣装を着た8人以上の男性ダンサーが踊ります。ショーで、ダンサーは、敵対陣営を代表する二つのグループに分かれます。速い音楽の伴奏に、ダンサーは、よりお祝いのショーを作るように、独特の声をあげながら、踊ります。ダンスの動きは、剣の振りとジャンプする足の運動によって支配され、攻撃を避けるように体の動きが続きます。Katagaダンスの動きは、訓練を受けた人が唯一、それを行うことができるくらい、やや難しいです。

Katagaダンスは、斬首しましょうを意味しているKAの接頭を取得するTaga単語から来ました。他の意味で、Katagaは、相手の強みと弱みを予測します。これの起源から、Katagaは、戦いのダンスの一種であることが明らかです。このダンスは、芸術的、哲学的、そして歴史の価値を持っています。芸術の価値は、スンバ島の人々の戦争のダンスと芸術の融合であるダンサーの動きに現れます。

ショーで、Katagaは、速いリズムで演奏されるいくつかのゴング楽器を伴奏します。同様にダンサーの叫び、衝突したシールド、ダンサーの身体に取り付けられた小さな鐘の音が聞こえます。このすべての音が、ユニークな音になるように、伴奏音楽と融合され調和されます。ショーの間にダンサーが使用する衣装は、通常、スンバ島の人々の伝統的な服です。ダンサーは、通常、内側(うちがわ)にシャツとショートパンツを身に着けています。外側には通常、典型的な白い布を使用します。頭の上に、ダンサーは、通常、グループごとに異なる色のヘッドバンドを使用します。また、ダンスのために自家製の剣と盾を使用します。

これで、ペソナインドネシアを終わります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990