18October2017

Home 特集 南スマトラ州のKUBRO巡礼の伝統

南スマトラ州のKUBRO巡礼の伝統

ペソナインドネシアの時間です。今日は、南スマトラ州のKUBRO巡礼の伝統をご紹介します。

すでに一週間、インドネシアを含め、世界の様々な地域でのイスラム教徒は、断食しました。興味深いことに、様々なインドネシア社会の独特の伝統は、ラマダンの断食月の前に、通常、神聖な月を歓迎するために行われます。例えば、南スマトラ州のパレンバンの人々です。月中旬に、彼らは、Kubro巡礼の伝統を開催しました。伝統で、彼らは、Boom baru港のKuto市場のメインストリートに沿って、すべての人々が、白い服を着用し、パレンバン・ダルサラーム帝国の聖職者や創業者の墓から他の墓へ歩きます。

文字通り、Kubro巡礼は、墓巡礼を意味しています。Kubro巡礼は、パレンバンの人々の伝統です。パレンバン・ダルサラーム帝国の聖職者や創業者の墓への訪問は、先にラマダンの週に行われます。Kubro巡礼は、8世紀に、初めて、スリウィジャヤ時代からパレンバンに到着したと考えられているイエメンのアラブの子孫の市民によって行われました。その時、彼らは、家庭環境で行いました。Kubro巡礼は、最初、移民家族や少数民族が維持し、ハビブ・グループやムハンマド預言者の孫のハサンフセインの子孫を尊重するために行われました。Kubro巡礼は、イスラム教が16世紀中にパレンバン王国のパレンバンで急速に拡大したときに、広く知られ始めました。それは、王のカウンセラーや精神的な教師にアラブ系の人々の役割が増大したことを表れています。伝統は、1659年から1823年までパレンバン・ダルサラーム帝国の期間に、アラブ系の人々やパレンバンリーダー儀式のように開始されました。その時に、アラブとパレンバンの文化の間での変容が起こりました。しかし、伝統は、ただ皇室ガ行っていましたが、、1970年には、公衆に広がりました。活動は、1日行われただけでした。しかし、会衆が、増加し続けたため、その実行期間は、2010年以来、3日間に増加しています。この伝統は、魅力的と見なされているので、北スマトラの観光の日程に入りました。

Kubro巡礼の伝統は、連続3日間続きます。教徒は、夜明け(Subuh)の祈りの後、kubro巡礼を行います。Al-Habib Ahmad bin Syech Shababの墓地、Auliya と Habib Telaga Sewidakの墓地、Babus Salam As-Seggafの墓地に訪れ、Kawah Tengkurepのパレンバン・ダルサラーム帝国の墓地で終了します。彼らは、パレードのように、手をつないで行きます。教徒は、前列にいって、聖職者は、最後の列にいます。聖職者は、ボランティアの護衛で歩きます。彼らは、マレーの典型的な傘を使用します。聖職者の前で、マレーパレンバンの伝統的な服を着た若者が、聖職者の旗を運びます。

伝統は、男性が行います。女性は、男性のための食べ物や飲み物の準備を担当します。Kubro巡礼のピークは、スルタンパレンバン・ダルサラーム墓地で行われます。教徒と聖職者は、スルタンイスカンダルマフムード・バダラディンというの名前の帝国の子孫を歓迎します。彼らは、聖職者、創設者で帝国元指導者のために一緒に祈ります。その後、活動は、一緒に食事することでで終了します。メニューは、焼きヤギ肉と油ご飯です。すべての市民が、この伝統に参加することはできません。すべての住民は、熱狂的です。参加しない住民は、聖職者の身体を触れ、手をキスすることをします。彼らにとって、それは、祝福です。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990