22August2017

Home 特集 南スラウェシ州のAppedekko伝統

南スラウェシ州のAppedekko伝統

ペソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州のAppedekko伝統をご紹介します。

Takalarは、南スラウェシ州にある地区の一つです。Takalar地区には、ビーチ、平地や丘などがあります。平地は、地元の人々の家や農地として使用しています。農地の大部分では、米を作っています。したがって、地元の人々の大半は、農民として働いています。農家として、もちろん彼らは、農業に関連した多くの文化活動を行っています。その一つが、Appedekko伝統です。

収穫祭をお祝いするために、南スラウェシ州のTakalar 地区のGalesong Utara区にあるSampulungangの村人は、Appedekko伝統を開催しました。この伝統は、毎年、ユニークな行列があるため、地元と外国から何千人の市民が参加しています。この伝統で、儀式の参加者は、お互いに木製のこん棒や石で叩きあいます。しかし、参加者は、病気やけがをすることはありません。先祖代々から伝わる伝統はまた、通常、収穫後に開催されます。

先祖 代々のために毎年開催されるAppedekkoの伝統は、午前11時に始まります。行列の伝統は、地元の伝統的な指導者の一人の家で救いの儀式の祈りで始まります。祈りの後、すべての参加者は、行列の儀式が行われたときに、痛みや怪我を避けるために考えられている伝統的な指導者によって提供されている水を飲む事を義務付けられています。儀式の祈りが行われた後、伝統的なドラムビートを伴い村の周りで行列を続けます。その後、地元の人々は、祖先への敬意の象徴として先祖の墓へのお参りをします。

お参りをした後、長老が率いるすべての参加者は、古い井戸へ歩きました。そこでは、顔を洗います。その後、参加者は、70メートルほどの高さの巨大なガジュマルの木に行きます。ここは、Appedekkoの伝統を招集する場所です。儀式のピークは、数十人の男性に支援された女性によって行われる臼で米をつくことから始まります。米をつくリズムで、男性の参加者は、踊ります。彼らはまた、こん棒やきねでお互いに叩きあいます。こん棒の攻撃は、そのこん棒が壊れた場合、終了しなければなりません。お互いにこん棒を壊すだけでなく、参加者は仲間の声援を受け石で叩きあいます。ユニークなことに、彼らはこん棒や石で互いに叩き合うにもかかわらず、参加者のいずれも傷つきません。 Appedekkoの伝統は、参加者がお互いに叩きあった後、臼やきねが全て壊(こわ)れ、午後4時に終わりました。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990