24September2017

Home 特集 Jadah という中部ジャワ州のBoyolaliの典型的な食べ物

Jadah という中部ジャワ州のBoyolaliの典型的な食べ物

ペソナインドネシアの時間です。今日は、Jadah という中部ジャワ州のBoyolaliの典型的な食べ物をご紹介します。

Boyalaliは、中部ジャワ州の地区の一つです。この地区は、メラピ山とMerbabu山の東のふもとに位置するので、非常に美しくて魅力的な景色があります。山の両方を横断するSolo-Boyolali-Cepogo-Selo-Borobudurのルートは、ローカルおよび外国人観光客のための興味深い観光地となりました。セロー区は、メラピ山やMerbabu山の登山者のための一時的な休憩エリアとして知られており、お土産を販売する場所があります。Cepogo区とセロー区は、Boyolaliの安くて新鮮な緑の野菜と銅工芸品の生産の中心です。  

Boyolali、特にセロー区を旅した後、地元の料理を試してみてください。セロー区では、お土産や特産品を販売する小さな売店(ばいてん)があります。お気に入りの一つは、Jadah というBoyolaliのセローの典型的な食べ物です。もち米とココナッツから作られた料理は、典型的なスパイスとすりおろしたココナッツと一緒に食べます。ココナッツは、serondengのように見えますが、異なるスパイスの風味を持っています。

Jadahは、ココナッツともち米混ぜて箱型に作られています。箱形にもち米を作成するには、もち米は、最初、洗浄し、3時間浸漬し、2時間蒸す前に、ココナッツと塩を混ぜます。そして、もち米は、一般的には木炭ストーブを使いますが、いくつかは、すでに現代の炉を使用しています。もち米は、褐色になり、少し焦げるくらいまで焼きます。その後、もち米は、スパイス、すりおろしたココナッツを振りかけます。地元では、通常、昼食としてBacem味のテンペ、または醤油味の鶏肉と一緒にそれを楽しみます。Bacemは、保存できる食品です。通常、おいしい、シンプル、栄養素が豊富な毎日の食事メニューのバリエーションとしてテンペと豆腐のために使用されます。

食べたときに、ココナッツと混ぜるもち米の味は、香ばしい風味を作り出します。もち米の質感は、おいしい、あまりにもハードでもなくと柔らかすぎないです。ココナッツの調味料は、辛い、しょっぱい、旨味で、おいしいさ感じます。主食のほか、Jadahは、午後にコーヒーやお茶を飲む時に楽しめたり、セローで寒いメラピ山とMerbabu山に持って行くのにも適しています。Jadahは、20,000ルピアで販売されています。ボックスは、ココナッツフレーバーまたはserondengで9個のJadah入っています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990