24May2017

Home 特集 マレー独特の被りものTanjak

マレー独特の被りものTanjak

ペソナインドネシアの時間です。今日は、マレー独特の被りものTanjakをご紹介します。

リアウ州のシアク地区は、マレー文化独特の被りものTanjakの保存に努めています。これは、部族の特徴を復活させるために行われています。Tanjakの保存は、毎週木曜日と決められた時に、シアク地区の公務員が、Tanjakを着用することによって行われます。以前から、マレーの服と言語の使用は、シアク地区で行われていました。Tanjakを着用するのは、地域内や外部の人々にマレー文化を再普及するための一つの方法です。

頭に布を巻くのは、マレーの男性の特徴です。生地の形状は、変えることができ、巻く技術は、非常に多様です。リアウ州のマレー族の生活で、頭に巻いた布は、Tanjakまたはikat と呼ばれ、知られています。Tanjakは、マレーの人々に権威の象徴と考えられています。より高く、より複雑なフォームは、着用者の高い社会的地位を示しました。Tanjakは、国王、貴族、庶民など、マレーの人々の社会階層全体に用いられます。

マレーの人々の生活で、男性は、家を出るとき、通常、Tanjakをかぶります。それは、空気や小枝から頭を守るものとして機能します。最初、Tanjakは、普通の被りもの形でしたが、時間とともに、非常に多様かつスタイリッシュになりました。より創造的なTanjakの製造は、手仕事の分野で活動しているマレー人によって開始されました。最初に現れたクリエーションは、崩壊する崖、象の鼻、鶏のトサカ、風を受けるワシなどと命名されました。名前はまた、作られたTanjakの形状に合わせられます。

形の点では、Tanjak には、ikat sabelit のような、いくつかのタイプがあります。シアク王国で、有名なTanjakの形は、Ikat Pial Ayamです。これは、通常、指揮官によって使用されています。一方、Ikat Elang Menyongsong Anginは、通常、長老・Datuk Lima puluhによって使用されています。特に海辺の長老のトレードマークは、Ikat Hangtuahです。Ikat Elang Menyongsong Anginは、風の中を飛ぶワシの知恵と用心深さを象徴します。一方、Ikat Hangtuahは、意志(いし)の固さ(かた)さを象徴します。形のほか、色も、非常に多様です。伝統的なTanjakは、通常、黒ですが、花嫁は、服の色に合わせます。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990