18October2017

Home 特集 WonogiriのWatu Cenik観光地

WonogiriのWatu Cenik観光地

ペソナインドネシアです。今日はWonogiriのWatu Cenikをご紹介します。

Wonogiriは中部ジャワにある一つの地区です。この地区には、訪問することができる観光スポットがたくさんあります。それは、冒険観光や海洋観光です。今回は、Watu Cenikという観光スポットをご紹介します。Wonogiriの住民は、観光開発に注目し始めています。それは、最近、Gantole 1の観光スポットに、「Watu Cenik」という文字の建造物が見られるようになったことからもわかります。Watu Cenikは中央ジャワのWonogiriのSendang村に位置しています。

 Watu Cenikに行くには、Wonogiriから「Gantole」と書かれた場所まで約15分かかります。その後、農村まで、上に向かう道があり、道しるべに従えば、Gantole 1のWatu Cenikに着きます。着いた後、自家用車で来た観光客は、地元の人々がボランティアでつくった駐車場に駐車することができます。WonogiriとGajah Mungkur池を背景にして、「Watu Cenik」の文字を入れて写真をとりたい観光客は、それほど高くない階段を上り下りする必要があります。「Watu Cenik」の文字の近くにある階段は、文字と同じく、最近完成しました。

「Watu Cenik」の文字を建設する前、ここはハンググライダーを飛行するための場所でした。しかし、現在は、景色が同様に美しいより高いところ、Gantole 2に移動しました。Watu Cenikの美しさは、昼や夕方だけではありません。観光客は、Watu Cenikで日の出を見るために、朝に行くこともできます。Watu Cenikは2017年1月1日からSendang村の所有企業によって管理されています。そのため、この観光スポットに入るために、観光客は1人あたり、2千ルピアを払わなければなりません。さらに、自家用車で来る観光客は駐車料金として、車1台あたり2千ルピア、バイク1台あたり千ルピアを支払わなければなりません。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990