18October2017

Home 特集 リアウ諸島のBelakang Padang島

リアウ諸島のBelakang Padang島

ペソナインドネシアの時間です。今日は、リアウ諸島のBelakang Padang島をご紹介します。

リアウ諸島州は、魅力的な自然に恵まれています。それは、5つの地区と2つの都市に散在する2408の大小の島々から成ります。リアウ諸島の二つの都市のうち、バタムは、インドネシアの入り口であるため、最も発展している都市です。場所は、マレーシアとシンガポールに非常に近いです。バタム島は、308の島々があります。その一つが、Belakang Padang島です。Belakang Padang島は、独自の歴史的な記録を持っています。バタム島は現在、大手工業の中心地であります。以前は、Belakang Padang区の一部でした。区の首都として、Belakang Padangは現在、中央政府だけでなく、開発初期の十年でバタムを支える重要な貿易の中心地となりました。

歴史的側面の他に、Belakang Padangは、人々が訪問する魅力を持っています。この島は、以前は、マレー人が住んでいますが、今は、多様なコミュニティが住んでいます。この島では、自然の美しさとBelakang Padangの人々の独自性を楽しむことができます。この島へ行くために、バタム島の市内中心部からは、Sekupang国内の桟橋へのタクシーや、伝統的な船やボートを使用することができ、 所要時間25分程です。伝統的な船に乗る場合、一人当たり1万ルピアを支払います。しかし、ボートに乗 る場合、片道あたり10万ルピアを支払います。

Belakang Padang島に到着 すると、すぐにビーチに出て、多くの海に突(つ)き出ている市民の家屋を見ることができます。ほとんどが木で、一部は永久)的な建物の形で作られています。Pancung というPompong船は、市民の交通機関です。Belakang Padangからは、パノラマとシンガポール国有のそびえ立つ建物によって造られた点滅光を見られます。Belakang Padangとシンガポールの距離は、約40キロです。

あなたが訪問するなら、住宅地から遠くないAttaqwaモスク、旧日本兵の墓、バトゥ・ガジャ、旧海軍の建物などの歴史的な場所を訪問することをお勧めします。違った雰囲気を感じたい場合は、8月にBelakang padangを訪問してください。訪問者は、シーイーグルボートレース(Sea Eagle Boat Race)が開催されるため、賑やかなBelakang padangの雰囲気を感じられます。手漕ぎボートレースは、シンガポール、マレーシア、ブルネイを含め、リアウ諸島のすべての都市と地区からの参加者が出席します。Belakang padangに訪問する場合、nasi lemak, mie siam , pulut serondengなど、是非、味わって欲しい様々な典型的な食品があります。Epok-Epok ケーキ やLapisケーキはまた、見過ごされるべきではない軽食です。また、新鮮でおいしい事で有名なBelakang padangの典型的な山の氷リも、試してみてください。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990