18October2017

Home 特集 中部スラウェシ州のLabuanaビーチ

中部スラウェシ州のLabuanaビーチ

ペソナインドネシアの時間です。今日は、中部スラウェシ州のLabuanaビーチをご紹介します。

 Donggalaは、中部スラウェシ州の地区の一つです。首都は、Banawaに位置しています。Donggalaは、南に延びており、見事なビーチの美しさに囲まれたLapaloangとBale丘地域に位置しています。美しい海と白い沿岸は、地区内の日常のとなっています。したがって、多くの観光客は、ビーチの美しさを楽しむために来ています。観光客が頻繁に訪れるビーチは、Labuanaビーチです。このビーチは、Balaesang区のLambogia村とSirenja区のLende Tovea村の2つの近隣の村に位置しています。

Labuanaのビーチは、中部スラウェシ州の首都パル市の北の約105キロのところにあります。それは、パル市から約2〜3時間かかります。このビーチに行くためには、一人当たり3000ルピアで、車とオートバイは、5000ルピアを支払います。オートバイは、2000ルピア、車は、3000ルピアを支払います。Labuanaビーチは、まだ完全な設備が整っていません。それは、2つのトイレがあるだけで、バンガローや宿泊施設がありません。

マカッサル海峡のBalaesang湾を取り巻くビーチは、白い砂、カラフルな魚、らかな草、美しいサンゴ礁があります。それは、Labuanaビーチの観光地は、6カ所あります。観光地として使用されているビーチ沿いは、約1キロほどです。しかし、ほとんどの訪問者は、Lende Tovea村という第2村内にある場所を好みます。そこでのビーチは、緩やかにしていて、葉が、茂ったketapang木がたくさんあります。海は、波が、低くいので、子供たちが、泳いでも安全です。

それは、泳いだり、砂浜で遊んだり、キャンプしたり、をめたり、釣りなどのLabuanaビーチで行うことができ、様々な活動があります。釣りのために、湾に約50メートル伸びている木製のを利用することができます。katombo魚、マカジキ魚など多くの魚を釣ることができます。沖合いで釣りをしたい場合は、漁船を借りることができます。それは、漁村に位置しているので、漁師の日常的な活動も楽しむことができます。そこは、新鮮な魚が、安い価格で容易に入手可能です。屋台も、ビーチで魚を焼くことができるように、を販売しています。 

これで、ペソナインドネシアを終わります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990