15December2017

Home 特集 ジャカルタ特別州のブタウィ族のPalang Pintuの伝統

ジャカルタ特別州のブタウィ族のPalang Pintuの伝統

ペソナインドネシアの時間です。今日は、ジャカルタ特別州のブタウィ族のPalang Pintuの伝統をご紹介します。

インドネシアの首都ジャカルタは、現在、国立記念碑(Monas)、Kota Tua(旧市街、アンチョールなどの国内外の観光客が訪れることができる多くの観光地があります。観光地のほかに、ジャカルタはまた、ジャカルタの先住民であるブタウィ族によって行われる伝統があります。その一つは、ブタウィ伝統的な結婚で行われるPalang Pintuの伝統です。

Palang Pintuの伝統は、ジャカルタのブタウィの人々のアイデンティティである伝統の一つです。この伝統は、昔からブタウィの伝統的な結婚式の行列の一部です。そして、Palang Pintu 伝統で、主流になった滑稽な掛け合いの芸術と武道との融合です。これまでは、この伝統はまた、頻繁に、まだ強いイスラム教の価値観を持つブタウィ民族によって行われました。この伝統は、結婚する女性に対して、男性の真剣さをテストすることを目指しています。Palang Pintuの試験に合格するためには、武道の勝利者、流暢にコーランを読むなどの、満たされなければならない2つの条件があります。

Palang Pintuの伝統は、代々受け継がれ、この伝統を誰がいつ、作ったのかを記述する歴史的な記録はありません。この伝統は、新婦の場所に新郎が到着した時に行うことができます。実施する上で、この伝統は、Shalawat Dustur、Balas Pantun(韻返信), Beklai,  Lantun Sikeなどのいくつかの段階があります。行進の時に、新郎は、新婦の村から来たJawaraという武道の専門家や戦士によって妨げされます。

そして、Jawaraは、本質的に戦いとコーランを読むことに挑戦するいくつかの条件を尋ねます。その方法で、彼らは、新郎が、彼らが定める条件を満たすことができるかどうかを知ることができます。Palang Pintuの伝統は、9人が必要です。二人は、新婦の側からのJawaraです。一人は、新郎の側からのJawaraです。もう一人は、それぞれの側からの韻通訳です。3人は、Shalawat Dusturの読者です。一人は、Sikeの読者です。しかし、現在、Palang Pintuの伝統は、「ヒットマン」と呼ばれ、遂行する人々によって委任されています。Palang Pintu名は、中部ブタウィと都市のブタウィから来ました。一方、郊外のブタウィとブタウィオラは、 “Rebut Dandang や “Tepuk Dandang”として伝統を知っています。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力のトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990