28April2017

Home 特集 パレンバン観光

パレンバン観光

ペソナインドネシアの時間です。再びお会いました。今回はパレンバン観光をご紹介します。これは、voi.co.id のストリミング、スマートフォンのプレイRRIアプリを通じて聞くことができます。

南スマトラ島のパレンバンでの宗教的観光地が成長し続けています。2月11日のアラブのアルムナワルの村の公式宣言で、南スマトラ州知事Alex Noerdinがアラブ・アル・ムナワル村を公式に発表しました。この式典を通じて、Alex Noerdin知事は、アル・ムナワールの村を共同で維持するために、周辺のすべてのコミュニティに訴えました。村13 Uluに位置し、その地域はアラブ人の住んでいます。多様なアラブ文化はここで繁栄しています。アル・ムナワール村に到達するには、陸と川を経由することができます。陸の経由は、ラダー・タカット(Ladder Takat)またはMarket 7または10 Ulu(Ampera橋の近く)から公共交通機関を利用できます。川を経由する場合、Benteng Kuto Besakから村の桟橋まで直接船に乗ることができます。

アル・ムナワールはパレンバン村の最初のアラブ人集落です。広々としたMusi川があるため、Musi川のほとりにあるその場所は、しばしば "laot"や海と呼ばれています。Habib Abdurrahman Al Munawarは尊敬される人物であり、この村の名前の創始者でもあります。彼はイスラム教の宗教をこの地域の早い時期に広めた人物の一人です。アル・ムナワール村には約30人の家族がいます。規則で村の外で結婚することが許されていないので、彼らはすべて血のつながった兄弟姉妹です。しかし、このようなルールは、女性だけに適用されます。男性は村の外で女性と結婚することが許されるので、血はアラブ系統の父親によって濃くなっています。

アル・ムナワール村に入るには、1台の車のみ通行可能な小さな通りや路地を通ります。この村に到着すると、あなたはユニークな家を見ることができます。アラブ村の家屋は、オープンフィールドで、Musi川に面した高齢者の家を取り囲んでいます。ピラミッド型の住宅と、南スマトラの伝統的な家があります。中東やヨーロッパのような家もあります。建築歴250年以上の8つの家があり、現在も使用されています。秘密は木材ウリンが使用されていることです。

250年以上前の建物の美しさを味わうだけでなく、アル・ムナワール村では典型的なコーヒーと組み合わせた中東の料理スタイルを味わうことができます。ここには、ヤギカレー、チキンカレー、Selado、ソース、パイナップルピクルスなどのおかずでいつも食べられるメインメニューがあります。興味深いことに、手洗いをしたいときは、すでに手洗い用のシルバーティーポットがあります。また、典型的なパレンバンコーヒーを小さな金のティーポットに入れて、小さなショットグラスに注い飲みます。香ばしくておいしいコーヒーです。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990