25March2017

Home 特集 ボゴルの料理観光

ボゴルの料理観光

ペソナインドネシアの時間です。再びお会いしました。

今回はボゴルの料理観光をご紹介しました。この放送は、voi.co.id のストリミング、スマートフォンのプレイRRIアプリを通じて聞くことができます。ボゴルで料理観光をするとま、Surya kencana通りは、あなたが訪れなければならない場所です。Surya kencana通りは、ボゴール植物園の正門の前から始まります。正確な場所はJuandaとOtto Iskandardinata通りがお会う所です。Surya Kencanaへのを楽しむなら、朝に様々な典型的な料理ボゴルが提供されます。ペチナンボゴール地方を含む様々な車が道路上に朝から並んでいます。スープ、ガドガド、ラクサから餃子まであります。しかし、もしあなたがそこを訪れるなら、Cungkringという今では見つけるのが難しいボゴロの独特の料理を楽しむべでしょう。

Cungkringはボゴルの典型的な食べ物の1つであり、様々所にしかありません。しかし、の名前を使用しているSate Kulit Sapiはたくさん見かけます。実は、本当のCungkringは牛の足のいくつかの部分を使用し、サテのようにくしに刺してありません。Cungkringを買うなら、売り手はCungkringの種類を提供します。腱、スキン、キキルを5000ルピーで販売しています。最も売れるのは牛の足の腱です。一部のキキル、皮革、腱は、米の紙とバナナの葉の上に小さな四角を切りの形をしています。その後、ピーナッツソースとチリをかける前に、Lontong、Keripik Tempeの切ったものが供されます。

Cungkringの一皿は非常に魅力的であります。値段は一食当たり15,000ルピアとかなり安いです。座席を見つけることを混乱させるために車を持っていないのために、通常買い手は歩道に座ったり、他のお客さんのトランクに乗ってCungkringを楽しみます。Cungkringの売り手によれば、牛の足は頭以外で調理が難しい部位の一つだと言うことです。したがって、経験と特別な技術が必要です。牛の足は、髪を取り除くために一つずつ吐き出さなければならないので、臭いはしません。切った後、牛の年齢に応じて5〜6時間煮ますので、年を取った牛ほど煮ます。最後に、調味料鬱金と玉ねぎが授与されました。この食品成分が牛のキキルであることから、料理はCungkringと呼ばれています。それは、スンダ語のキキルがCungkringと呼ばれているからです。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990