28April2017

Home 特集 デマに抗議するインドネシア社会団体

デマに抗議するインドネシア社会団体

ワルナワルニです。今日は、デマに抗議するインドネシア社会団体についてお伝えします。

今、偽のニュースやデマは、サイバースペース内に広がり、ソーシャルメディアでは、めずらしくありません。ニュースには、不当、あるいは検証がむずかしいニュースのソースを掲載できないので、偽のニュースが含まれてしまいます。ニュースはまた、偏向的に書かれ反対側からの意見を掲載しない傾向もあります。デマは、頻繁に匿名の情報提供者を表示しています。最近、インドネシアのソーシャルメディアで、偽のニュースやデマの横行への対応のため、いくつかのソーシャルメディア活動家や社会団体が、デマ反対のインドネシアの社会宣言とデマの負の影響の問題を公表しました。

デマ反対のインドネシアの社会宣言とデマの負の影響問題の公表は、1月8日(日曜日)にジャカルタのタムリン通りでカーフリーデーの時に開催されました。ジャカルタのほか、この宣言は、スラバヤ、スマラン、ソロ、ウォノソボ、バンドンで同じ日に同時開催されました。この活動の実施は、積極的にはソーシャルメディアを通さないので、偽のニュースを広めていない人々を引き付けることが期待されます。デマ反対のインドネシア社会の第一歩は、ソーシャルメディアでデマ反対のグループを形成し、デマを減らす努力をするネチィズンの抵抗から始まっています。そして、Forum Anti Fitnah、Hasut、Hoax、Fanpage &Group Indonesia Hoax Buster、Fanpage Indonesia Hoaxes、 Grup Sekociなどのグループが誕生しました。その後、広(ひろ) がり始めた運動は、より範囲を広げるために、ソーシャルワークショップの普及活動やオンラインレルムが加わり、反デマインドネシア社会協会へ統合されました。

反デマインドネシア社会協会は、インドネシアの他の多くの分野で広がり活躍しています。彼らは、それぞれの地域で、必要とされるアプローチに基づいて独立して活動しました。例えば、ジョグジャカルタでのアプローチは、より多くの文化につながります。スラバヤは、より多くの学術につながります。すべてが独立して活動します。人々は、デマと戦うために参加することができます。デマに対抗するために、国民は、Facebookなどのソーシャルメディアに広がるデマ反対のグループに参加することができます。

これで、ワルナワルニを終わります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990