22August2017

Home 特集 Adu kakiの伝統

Adu kakiの伝統

ペソナインドネシアです。今日はAdu kakiの伝統を紹介します。

インドネシア人のほとんどは、農民として働いています。農民として、もちろん、人々の生活は農作物に依存しています。彼らはいつも彼らの農産物が常に豊作であることを願っています。豊富な収穫のために、インドネシア市民はいろいろな伝統を行います。収穫祭時、南SulawesiのKande api村で実施されているのは、Adu kakiです。これは戦いではありません。彼らは足を蹴ることで相手を攻撃します。

Adu kaki 、または、Sisembaで知られているKande api村市民の伝統はずっと以前から行われています。この伝統はルールがないわけではありません。しかし、来年、豊作となるために、地元住民にとって必要なものです。Sisemba伝統をしなければ、不作につながると考えられています。

毎年Kande api住民は、収穫祭を開催しています。いろいろな伝統的な食べ物を持ってきます。Nasi bambu、またはPeongという名前で知られている食べ物です。収穫祭の始めに、まず地元の伝統的な指導者が通例のアドバイスをします。そのアドバイスとは、先祖代々からの農業のルールです。今までこのルールに依然として地元の人々が従っています。収穫祭の場所に詰めかけた住民たちは、女の子たちによって行われたMa'galluの踊りを見ます。このダンスは豊作を神に感謝するという意味があります。この踊りを楽しんだ市民は、喜びと感謝の印としてお金を渡します。一方、他の地域の住民は、伝統のMa'lambukまたは米叩きを開催します。男性は高いリズムで臼を打ち、踊りに似た動きをし、Toraja語を叫びます。地元住民は、臼を打つリズムで米の害虫を撃退することができると信じています。ビートのリズムが高いほど、より多くの害虫が逃げていきます。

米を叩く伝統の後、伝統的なAdu kakiが始まります。この戦いは、通常、男の子や男性によって行われます。Sisembaのゲームにはいくつかのバリエーションがあります。最初は、一対一です。このタイプは、2人の参加者が参加し、お互いに向き合います。二つ目は、ダブルスです。このタイプは、互いに対抗する2つのチームが存在します。各チームは2人の参加者によって代表され、手を握らなければなりません。対戦している間に握っている手が離れたチームが、敗者になります。相手が転んだ場合、対戦者はもはや攻撃をすることができなくなります。戦いで怒ったとしても、アリーナで戦った人は、アリーナの外に出たら恨みを忘れます。

これでペソナインドネシアを終わります。明日も、また他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990