22June2017

Lembeh海峡

ペソナインドネシアです。今日は北スラウェシ州からのLembeh海峡をご紹介します。

Lembeh海峡はスラウェシ島のLembeh島と本土を隔てる狭い水域です。Lembeh海峡行政自治区は、Bitungの街に位置しています。正確には、Lembeh海峡は北スラウェシ州のBitung南部市の地区に位置しています。海峡は、非常に豊かな海洋生物多様性を有することで知られています。またLembeh海峡は、面白い難破船と美しい庭園もあります。したがって、Lembeh海峡は、北スラウェシの主なダイビングスポットの一つとなりました。

Lembeh海峡は、水中観光のファンにとって好みの観光スポットです。このように色鮮(いろあざ)やかなサンゴ礁や海洋動物などの動植物の多様性は、それらを見たすべての人の賞賛を誘うことは間違いありません 。この場所は、唯一のその場所に存在する多様な海洋生物で国際的に知られてい ます。ここでは、タコ、ピグミータツノオトシゴ、イカや毛深いイザリウオを見つけることができます。この場所はまた、水中撮影の楽園であり、しばしば「 マクロ撮影のメッカ」と呼ばれています。Lembeh海峡でダイビングをするときに覚えておかなければならない事は、ダイビングのフィンが砂を蹴ると海が簡単に濁るのでダイバーは、海底を蹴らないよう特別なスキルを必要 となるということです。

この美しいLembeh海峡の観光スポットに行くには、北スラウェシ州に位置するマナドのSam Ratulangi空港からビトゥンまで、20万ルピアで車やタクシーを借りることができます。または、より安価な金額で、空港の外にある公共交通機関に乗り、ビトゥン市の郊外までの都市間バスで行くこともできます。バスターミナルから市内中心部に到達するには、あなたは、さらに公共交通機関に乗る必要があります。空港から市内中心部への距離は約60キロで、1時半間かかります。ビトゥン市に到着すれば、安宿からクラス5つ星ホテルと同等であるジャスミンクラスのリゾート地に至るまで、いくつかの種類のホテルがあります。宿の場所は、都市の中心部から、またはあらゆるLembeh島まで、選択の余地があります。夜には、周遊するのにバイクやタクシーに乗るこ とができます。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990