28July2017

Home 特集 ブトン島の KAONGKE ONGKEAのコーヒー

ブトン島の KAONGKE ONGKEAのコーヒー

ペソナインドネシアの時間です。今日は、ブトン島の KAONGKE ONGKEAのコーヒーをご紹介します。

ブトンは、東南スラウェシの島です。以前、ブトン島は、以前は、ブトン島では、海の貿易トラフィックだけでなく、天然アスファルトの生産として知られています。しかし、島は。100万の見事な観光地があることが判明しました。美しいビーチだけでなく、また魅力的な習慣、山岳観光、料理もあります。ブトン島は、豊富な地元料理があります。食品の種類は、地域の主食であるキャッサバ、トウモロコシ、魚から作られた料理があります。一方、飲み物は、独特の香りとおいしさを持っている地元のコーヒーがあります。

このコーヒーの名前は、Kaongke-ongkeaです。Kaongke-ongkeaは、東南スラウェシのブトン地区のオリジナルコーヒーです。このコーヒーは、他のコーヒーと非常に異なる味を持っています。Kaongke-ongkeaのコーヒーは、ブトン地区のPasarwajo区にあるKaongke-ongkea村からのオーガニックコーヒーです。ここでコーヒー農家は、コーヒー植物を育てるのに化学薬品を使用しません。農家は、副作用のある害虫スプレーを使用していません。したがって、このコーヒーは、他のコーヒーとは異なる風味を持っています。

Kaongke-ongkeaのコーヒー処理は、非常に簡単です。プランテーション作物からできたコーヒーは、一週間乾燥させます。その後、それは、種の皮を取るために粉砕機に入れられます。川と分離させた後、種を焙煎します。その後、粉末になるまでコーヒーミルに入れます。他のコーヒーとこのコーヒーの違いは、香りです。コーヒーはお湯で注いだとき、香りは、遠くまで匂いが届きます。香りは、他のコーヒーに比べて非常にシャープです。味は、オリジナルのコーヒーなので、よりおいしいです。購入するには、Pasarwajo区に向かって南東スラウェシの首都Baubau市から約25キロの距離にあるKaongke-ongkeaの村に来てください。価格は、キログラム当たり7万ルピアです。

1954年に、Pasarwajo区のKaongke-ongkea村は、東南スラウェシのブトンで最大のコーヒー生産の中心です。紛(まぎ)れもなく、すべての農家は、ヘクタール当たりロブスタコーヒーを約2トンを生産することができます。しかし、現在、農家は、ヘクタール当たりコーヒーの約8袋またはヘクタール当たり800キロを生産します。これは、継続的にこの村のコーヒーの木を攻撃する害虫がいるからです。現在、いくつかの農家は、まだコーヒーを栽培で生き残ります。害虫の攻撃が、農家は、害虫の攻撃を害虫のスプレーで取り除くには消極的です。害虫のスプレーは、人体に害を与えることができる毒素が含まれています。

これで、ペソナインドネシアを終わります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990