24May2017

Home 特集 Kapuas Hulu地区のKerupuk Basah

Kapuas Hulu地区のKerupuk Basah

ペソナインドネシアです。今日は西カリマンタンのKapuas Hulu地区のKerupuk Basahをご紹介します。

クラッカーは、インドネシアの人々にとっておなじみの食べ物になっています。多くの場合、これらの食品は、メインディッシュと一緒に出てきます。実は、クラッカーは、エビや魚の混合物とタピオカ粉から作られたスナックです。最初に、小麦粉、魚、エビを混ぜた生地を火がよく通るまで煮ます。そして、小片に切断し、その後、太陽の下で乾燥させます。それを楽しむために、クラッカーは、まず揚げておく必要があります。味は、とてもうま味があり、パリッとしています。クラッカーのこの味が、多くの人々を夢中にさせるのです。

一般的なクラッカーのパリッと乾燥した感じとは違って、クラッカーの原点である西カリマンタン州のKapuas Huluの地区のクラッカーは、軟らかく、しっとりしているので、それは湿ったクラッカーと呼ばれていました。また、地元の住民はTemetと呼んでいます。「クラッカー」と名付けられていますが、Kapuas Huluの食品は「クラッカー」として作られるだけではなく、一般のクラッカーを作るように、乾燥させたり、揚げたりする過程を経ずに直接出されたりします。湿ったクラッカーは、通常、淡水魚から作られています。しかし、Belidakの魚は、最もおいしく湿ったクラッカーを作ることができる魚です。エキゾチックな魚はしばしばSentarum湖に付近のKapuas川で発見されていました。しかし、最近は存在が希少であるため、これらのタイプの魚を見つけることが容易ではありません。そのため、現地の人々は、Tomanを代わりに使っています。

湿ったクラッカーを楽しむため、あなたは西カリマンタンのKapuas Huluにある湿ったクラッカーの発祥地に行くことができます。Kapuas Hulu地域が原点ですが、このスナックはまた、Kapuas川沿いに位置しているポンティアナック市を含むSintang、Sekadau、Sanggauのような他の地区でも見つけることができます。価格は比較的安いです。湿ったクラッカーは、1袋10,000〜15,000ルピアの範囲です。その場で食べるだけでなく、これらのスナックは家に帰るときのお土産としても使用することができます。売り手は通常、小麦粉にまぶしたクラッカーを包装して準備しているので、家に帰ってから、蒸して食べることができます。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990