15December2017

        

歴史的背景(はいけい)

インドネシアのボイスオブインドネシアは、その誕生以来(たんじょういらい)、国民と国家の生活の中でその役割を遂行(すいこう)するの浮(う)き沈(しず)みを経験(けいけん)している。インドネシアのプリ独立時大に、独立闘争を参加するために、The Voice Of Free Indonesiaと呼び出すバンドン、ジョグジャカルタ、ジャカルタから放送をおこないます。
1945年8月17日の独立宣言の時点では、The Voice Of Free Indonesiaは、海外ヘインドネシア独立のテキストの宣言の配布(はいふ)の唯一(ゆいいつ)のメディアです。この放送はインド、エジプトなどからただちに温(あたた)かい歓迎(かんげい)を取得(しゅとく)します。 1950年にジョグジャカルタから移籍(いせき)から、The Voice Of Free Indonesiaは、インドネシア声または(VOI)ボイスオブインドネシア名前になる変更します。または音声インドネシアの声のタイトルに社名を変更。1955年 4月18日から〜24日まで、西ジャワのバンドンで、初のアジアアフリカ会議の時に、VOIボイスオブインドネシアはこの国際的なイベントを放送する続けます。アジアやアフリカの諸国が参加する会議は植民地のすべての形態(けいたい)から自由(じゆう)であるために、世界の様々な地域で植民地国の精神(せいしん)に火(ひ)をつけたバンドンのdasa sila条約を成果します。
1945年憲法(けんぽう)の開会する時、前文に明確にその独立性は、すべての国の権利である、したがって、すべての地球の顔に植民地主義の形を破壊(はかい)する必要があります。この精神(せいしん)は、目処(めど)になる存続(そんぞく)される。私たちは我々は、相互の威厳(いげん)と威信をする(mutually dignifying)、私たちが人権を尊敬(そんけい)する、強く地球上で平和的に紛争を解決し続ける、平等の部族と国家を守ると信じています。我々は強く、世界ために私たちの最大の貢献(こうけん)は、それぞれが少しでも貴族(きぞく)の役割(やくわり)を取(と)ることができると考えています。
ニューオーダーの時代のVOIは、インドネシアの共和国の、政治、文化的、経済的促進、開発について国際的な目で紹介する参加します。90年代改革後、VOIは、外国人社会と海外に住んでいるインドネシアのコミュニティに示される、唯一(ゆいいつ)の国営ラジオ放送として、特別な公共放送協会RRIになる。..
VOIの位置は、国家によって設立された法人であることをLPP RRIは放送について2002年の32号(ごう)の法律と存在を非常に強化します。メディアの融合(ゆうごう)である、VOIは、より多様なサービス選択を提供することを目指(めざ)している、リスナーの皆さんがより簡単に私たちの放送をダウンロードするアクセスを出来ます。より簡単に私たちの放送をダウンロードできるより多様なサービス選択を提供することを目指しています。リスナーのために私たちのプログラムに耳を傾ける時間を持っていない、すべての言語サービスの"オンデマンドのオーディオ"を通してそれを聞くことができます。現在VOIは、8ヶ国語での放送サービスを提供してい

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990